鼻づまりをすっきり解消|耳鼻科できちんと治療を受けよう

病気の予防と体調管理

smile

アレルギー性鼻炎やウイルスによる様々な病気は、特に汚れた空気からくるものです。私たちが何気なく吸い込んでいる空気をきれいにしていくことで、かなり病気を予防することができます。現在では多くの企業等でも空気清浄機が設置されており、今後もこの装置を使うことによる病気の予防意識が高まっていくでしょう。

読んでみよう

鼻水やくしゃみが続くなら

smile

風邪を引いた時には急性鼻炎により、止まらない鼻水や、呼吸が苦しくなる鼻づまり等の症状が出ることがあります。それ以外でも日常的に鼻炎の症状が続くのならば、一度病院で診てもらうと良いでしょう。原因となる病気を診断してもらうことで、スムーズな治療が可能になります。

読んでみよう

都会の花粉症対策

men

スギの木がない新宿のような大都会でもスギ花粉症になります。新宿に通勤している人は、終業後に耳鼻咽喉科に通院する場合がありますから、夜間でも診察してくれる耳鼻咽喉科を駅周辺で探す必要があります。また、症状を改善するためには、スギ花粉に接触しない工夫や腸内環境を整えること等も重要になってきます。

読んでみよう

今の季節は鼻に注意

ear

鼻がつまる原因と対策

今の季節は空気が乾燥していて意外と体がダメージを受けやすかったりします。病院も風邪やインフルエンザで混雑しますが、その陰で鼻づまりも厄介です。鼻をかもうにも詰まり過ぎてしまって無理やりやろうとすると耳にツーンと来ますし、いちいち病院へ行くのも大変だったりします。だからと言って鼻づまりを放置してますと鼻内部のにおいを感じる機能が一時的にマヒしてしまうこともあるので自分でできる対策を立てましょう。まず寒いとつまりやすいので暖かくすることです。多少つまっていても暖かくなるせいか中のつまりが緩くなります。そうしたら優しくゆっくり鼻をかみましょう。一度にやろうとしないで多少のつまりは自然に収めてしまうぐらいの気持ちで行ってください。

点鼻薬と使うコツ

基本的には暖かくするのが良いですが、人によっては無理な場合もあります。風邪が原因の場合もあるのですが鼻づまりは必ずしもそうではない事もあります。そういう時はドラッグストアに売っている点鼻薬が役に立つと思います。先が細長くて鼻の奥まで入れられる形です。何種類かありますが、基本的にはそれほど高いものでなくとも問題ありません。自分で選ぶのが心配なら病院で診てもらって処方してもらうのも一つの手です。点鼻薬の使い方ですが、ちょっとしたコツで治りが早くなります。多少の形状の違いがあるにせよやり方は共通です。まず顔を下に向け、鼻の奥に当たらない程度まで薬の差し込む部分を鼻の穴に入れます。薬を入れている間は鼻で勢いよく吸い込んでください。この際鼻詰まりがひどくて吸い込めない時は入れてからすぐ上を向いて薬が鼻の内部に行き渡るようにして下さい。そうするとつまりが楽になる事が多いです。とにかく困る鼻づまりですが、ちょっとした工夫で楽に過ごせるようになります。もちろん色んな原因が考えられますので不安ならすぐ病院へ行って下さい。